スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

遊戯王やりたい

DM全然触ってません(´・ω・`)
情報封鎖とかじゃなくてほんとに書くことがないんです。

お遊戯

最近は遊戯王に走ってます。
トレード掲示板やオークションを使って大分資産が増えました。
制限改訂で被害受けるのが嫌なので、トーナメントには参加せず、デッキ構築を楽しんでます。
遊戯はDMみたいに色の縛りが無いので、構築の自由度が高くておもしろいですね。

現状報告

前から弄ってるデッキがいい感じ。
今のところ、あのキリコとドラゴンキリコに7連勝中。
事故らなければ、メタ外のデッキでもプレイング関係なしに理不尽ゲーできるのが強み。
ただ、速攻系がちょっと厳しい。勝てないわけじゃないけど、相性的に3~4割くらいしかとれない。

まあ無難なのはHDMかな。
キリコのようなわかりやすい強さは無いけど、なんだかんだ言ってやっぱ安定する。
メタられないってのは大きな強みだと思う。

Read More...

でっていう

デッキを見ればその人の実力がわかる。
最近は情報操作とかも多いから、無難に標準的なレシピを載せても、
「あーこいつ流されてるな」みたいに、自分で考えて組んでないってのがすぐばれる。
今の時期、下手なレシピ晒すと怪我するよ。

Read More...

クリメモ入れるスペースが無い件

よく考えたら、ハスキャ貼ってる暇も無いこのゲームでクリメモ使うのは無謀すぎた。
4マナ貯まったらジェニーとか使って何かしらの妨害をしないと普通に詰みそうだし、俺ならディメンジョンゲートかな。
焦土やデモニックバイスに繋げるっていう手もあるけど、その場合2ターン目にライフ撃たないと間に合わなそう。
ファイナルアンサー? うーん…。

あとこれは俺の深夜うっかりだけど、クリメモ使うだけなら5色にこだわらなくてもよかった(笑)

信者(笑)アンチ(笑)

クリメモが強そうだから食パンマン組んでみるかも。
速攻相手のときはトリガーからシノビ呼べて、コントロール相手のときはハスキャとかの5マナ域を呼べるってなかなかじゃない?
相手や状況を問わず使えるカードはかなり好きだな。

…そういや俺は5色ってものを組んだことが無かった。これはけっこう苦労しそう。

情報封鎖に思う

情報封鎖についていろいろ書いてみました。
(デッキのコピーについては前にも書いたので省略します。)

まずは自分の立ち位置について。
情報封鎖をやってないは言い切れませんが、基本はあんまりやらない方だと思います。
理由は、地元のプレイ環境が終わってるから。
ネットでしか対戦できないような人間が情報封鎖(笑)しても寂しいだけじゃないですか。
こんな小者がやるってこと自体失笑もんですし。
30日の日記は見たらわかると思いますが、半分ネタ記事です。

さて、そんなどうでもいい話は置いといて、本題に移ります。
情報封鎖に対して皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?
中には、コピ厨コピ厨言ったり、秘密デッキがどうとか言って他を見下してる人もいるので、
“自惚れ”だとか、“傲慢”だとか、そういったネガティブなイメージを持っている方も少なくないと思います。
ですが、勘違いしてはいけません。情報封鎖というのはやってる側からするといいことばかりじゃないんです。

例えば、未来のトップメタ的なオリジナルデッキができた場合。
こういうとき、普通の人なら「誰かに見せたいけどパクられるのは嫌…」って思っちゃうもんです。
秘密にしとくのもアリなんですが、モタモタしてると他の誰かに先に公開されてしまうかもしれない。
ずっと昔から組んでいたのにコピー扱いされるってのもちょっと理不尽な話ですよね。
でも、実際に、目立ちたがり屋のなんちゃってビルダーに埋もれてるトーナメントプレイヤーは多くいます。
デッキというものは、基本、“先に発表したもん勝ち”ですから、
多少構築が悪くとも、ある程度の知名度さえあれば、デッキ作者(笑)の座はいただけるでしょう。
つまり、情報封鎖とは妥協であり、自惚れでも傲慢でもないのです。

しかし、“作者”だの、“オリジナル”だの、そんなものは公式入賞に比べたらスケールの小さな話です。
情報封鎖とは、細かいことに執着せず、ひたむきに上を目指すトーナメントプレイヤーの象徴とも言えるのではないでしょうか。
どうです? こう言われてみると、情報封鎖に対する見方も変わってきません?

本戦勝てるか不安

権利取ったんですが、正直、こんなに時間かかるとは思いませんでした。
地元の大会が少なすぎるので、仕方ないって言っちゃ仕方ないですが。

HDM最新版

先週列車の中で思いついたオチャッピィとグレンマルと試したところ、速攻をかなり食えるようになりました。
この前紹介したオリジンビート(笑)、もとい、赤青オリジン速攻には4割程度しかとれませんでしたが、今のところ青単には連勝中です。

構築ですが、ハヤブサの欲しさに思わず白を入れてしまいました。
オチャッピィとの相性を考えて、2マナブーストはクリーチャーから呪文に。
白入れてハバキ積めるようになったんで、無駄にスペースとるハッスルキャッスルは没。
代わりに入れたのは、ハバキとのシナジーが素敵なあのカードです。

…とまあ、現状はこんな感じですね。
今までは色確保とかの問題もあって白を入れられなかったんですが、最近いろいろ噛み合って解決できました。
速攻を意識しすぎてる感が否めないですが、キリコなどのコントロールにはちゃんと勝ててます。

Home > 2010年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。