スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

よくあるキリノドルゲの論争

「キリノに繋ぎたいから、マナカーブ的に石版4ライフ4だろ。」
「いやいや、普通そんな馬鹿回りしないから。終盤腐らないようにライフ4青銅4だろ。」


僕の中での答えはこの内のどちらでもありません。《幻緑の双月》と《シビレアシダケ》です。
これらはキリノに繋げられるだけでなく、ドルゲで大量ドローしたあとも実質1マナで展開できます。
最近墳墓をよく見かけますし、双月でふたつ牙ブラフなんて大昔の話なので、
双月2、アシダケ2、ライフ2、石版2辺りが安定すると思ってます。(多い、少ないってときは枚数調整する感じで)
キリノドルゲはビートみたいなもんなのでアタッカー重要ですよー。
ハンド消費が痛いって方も多いかと思いますが、
双月→ライトっていう美しい流れも存在するので、そこんとこは大丈夫だと思います。

※編集
「キリノドルゲ」でした。すみません。

Home > 2009年06月08日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。