スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

【殿堂】考察。

【不滅の聖霊パーフェクトギャラクシー】
1枚制限は逆効果。禁止が無理なら1枚制限なんかにする必要は無い。
そんなわけで、今回の裁定は、上・中・下で言うなら中だと思ってる。

【母なる大地】

単体で強いカードは禁止が一番。
サイブレ、バジュラズ、アクアンなんかにも同じことが言える。

【凶星王ダーク・ヒドラ】
ヒドラでヒドラを回収できなくなったわけだから、これは珍しく意味のある1枚制限だった。
せっかくの美しい裁定だったのに、これはちょっと強引すぎかな?って感じ。

【英知と追撃の宝剣】
こいつの理不尽さは連打にあるわけで、1枚制限でそれを封じたら一気に弱くなる。
そういった意味では、こいつもヒドラと同じく、1枚制限がお似合いなカードだと思う。

【ソウル・アドバンテージ】
これは4枚か禁止のどちらかでよかったはず。
1積みだろうと4積みだろうと、4ターン目に撃つこいつの威力は変わらないわけだし。

【雷鳴の守護者ミスト・リエス】
システムクリの蔓延はアドバンの影響だと思ってたけど、こいつにまで制限が掛かるとは驚きだ。
理不尽なときはとことん理不尽なカードだって考えれば納得できるかも。

【母なる紋章】
禁止になるのも時間の問題かな。

Home > 2009年03月14日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。