スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

コラム[新殿堂 考察]

ニシハラさんとこでフラゲ情報が出てたので、いろいろ書いてみました。

まずはヒドラ殿堂。
2体目以降が出せないことにより、擬似もやしが無くなったのは非常に大きいです。
関係ないですが、何気にグレイブワーム最強説が浮上してたりします。
まぁ、ヒドラが殿堂する前からとっくに浮上してますが。

バジュラズの殿堂については何とも言えませんね。
少なからず、バザガベルグが影響しているのは確かでしょうが。

次に、スケバイのプレ殿について。個人的に、これは大歓迎です。
私が思うに、1枚制限なんてものはいりません。
もはや、4枚の方がまだマシなんじゃないかっていうレベル。
仮に4枚なら普通に、4ターン目に撃たれることを視野に入れて行動できます。
しかし、1枚制限のスケバイを4ターン目に撃たれたときのウザさと来たら…。
これは大事な事なので言っておきますが、
4枚だろうが、1枚制限だろうが、4ターン目に撃つスケバイの威力は変わりません。
いや、むしろ、
1枚制限のスケバイの威力の方がはるかに大きいです。
もちろん、これはスケバイに限らず、サイブレやアクアン等、様々な制限カードに言えること。

他にも、この手のカードパワーの高いカードは、構築を無難に済ませてしまう原因にもなり得ます。
ジャックビートにスケバイを入れたり、《とりあえず強いから入れておく》というパターン。
デッキ間のシナジーを完全に無視できるため、構築が大変楽で済みます。
特に緑黒青の絡んだデッキはこの傾向が強く、多くの方が37枚から構築を始めています。
ライトかトリブレか…、という分岐点も、
大抵の場合は、まずはサイブレを1枚積んでからの話となっているのが現状です。

大地4積み時代なんかはこれが特に顕著になっていて、
「大地を4枚積めないから」という理由でロマネ連ドラを全否定したり、
殿堂になったら、今度は今までの自分の構築が通用しなくなったせいで
引退する方が出てくるわで、それはそれはエライことでした。

皆さんも、デッキビルダーを名乗るなら、決してこのような構築に頼ってはなりません。
ただ、これは決してパワーカードに頼るなということではなく、
デッキとの相性を考えて…、とにかく、「考えてカードを選択しろ」ということです。

DMに必須カードなんてものはありません。
無難なカードでスペースを埋めていくだけの《なんちゃって構築》が通用せず、
殆どの方が40枚からデッキを構築できる時代になってほしい…。そう、思います。

Home > 2008年09月10日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。