スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

【新殿堂】今後期待できそうなカード

新殿堂来ましたね。
サイブレ、アクアンはやっと来たかって感じです。この喜びはスケバイのプレ殿以来ですね。
詳しい感想とかは既に皆さん書いてると思うんで、僕はこれから来そうなカードを書いてみます。
いきなり保険かけるのもあれですが、かなりブランクあるんで、とんちんかんなこと言ってたらすみません(笑)

《威牙忍ヤミノザンジ》
殿堂によって、コントロール(超次元)VSビート(ゴーゴン)が顕著になり、ハヤブサも規制が掛かりました。
そのハヤブサの枠の埋められる+ゴーゴンを除去れるというのはちょっと都合良すぎませんかね。
僕は殿堂前から、マリエルを除去る等の目的で、ハヤブサを数枚ザンジに差し替えることがありました。
壁としてはハヤブサに劣りますが、マイナス2000でしか解決できない場面もあるので、
殿堂になったからハヤブサの方が強いのではなく、どちらも違った良さがあると思います。

《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》
速攻への対策といえば、シノビ、トリガー、そしてこいつです。
殿堂前から、ハヤブサ等だけでは防ぎきれない場合、確実な速攻メタとして使われていました。
入るデッキは選びますが、今回の殿堂でシノビの数が減ったことから、より需要は上がるかと思います。
そして、一番忘れてはならないのは、クイーンに進化できること。
速攻メタになるだけでなく、今後流行するであろう超次元相手にも活躍することでしょう。

《無敵城 シルヴァー・グローリー》
元々、規制が掛かってもおかしくないくらいのスペックは持っていそうなのに、
環境と上手く噛み合わず、登場以来あまり日の目を見ることの無かったカードでした。
ところが、今回の殿堂で超次元が生き残ったため、除去耐性を持つクリーチャーで殴り合うことが多くなり、
さらに、即死系のカードが多数殿堂したことから、以前より貼る余裕ができ、活躍できる機会が増えたように思います。
「白あるし1枚挿しとくか」みたいな軽い気持ちで入れられますし、今後に期待したいカードです。

《憎悪と怒りの獄門》
ウィニーやビートだけでなく、コントロールも殴るようになったので、腐る場面は減りそうです。

《ドラゴン・シャウト》
セツダンへの解答として真っ先に思い浮かびました。意外と汎用性は高そうです。
まあ、変にひねらずにアポカリや墳墓を積んだ方が無難な気はしますけどね。

追記
キルってパワー1000だったのか…。それならセツダンになる前にローズで溶かせますね。

【第2回 メタデッキ考察】2010/05/21環境

Bロマ
墓地さえ増えればトップを投げるだけで戦える。
Bロマを「防ぐ」のはほぼ不可能なので、Mロマや速攻で先にダイレクトアタックを決めるか、
ハイドロでBロマが出る前に展開を終えるくらいしか対処法がない。現状では一番メタの貼りにくいデッキ。
そのため、コントロール寄りの受身なメタ系のデッキには安定して勝てる。転プロ型もなかなか。
ダンス等を引けないとデッキとして機能しないので、安定性には欠ける。

Mロマ
受身にならずにこちらから勝ちに行ける数少ないデッキ。
決まった流れが存在しないため、状況によっては速攻にもビートにもコントロールにもなる。
理不尽な流れがたくさんあり、ほとんどのデッキに勝てる「可能性」があるのが強み。
安定性の無さも、ドレーンを引けないのを前提に構築にすればある程度はカバーできる。
速攻にはまず負けない。こちらから勝ちに行けるので、Bロマやキリコにも相性がいい。
ローズに弱いと思われがちだが、デッキ内の平均パワーを上げて構築すればほとんど気にならない。

ネクラ
ご存知、正統派トーナメントデッキ。安定性とメタを武器に戦う。硬いのでMロマや速攻もある程度止まる。
今後もハッスルがある限り滅ぶことは無いように思われるが、度重なる殿堂でデッキパワー不足が目立ってきている。
ローズの流行もあるので、個人的にはこちらよりハイドロを薦めたい。

フェルナンド
ツアーまでは強かったが、関東CSで結果を残して広まったので、賞味期限切れ感が否めない。
フィニッシュ力が足らないのでボルコンに勝てず、墳墓にも弱く、おまけにBロマにも相性が悪い。
とにかく弱点が多いので、個人的にはイマイチ。

3(4)神
とある人のブログを見て思い出したデッキ。ボルコンとハイドロの流行で相当強くなっているはず。
トリガーとシノビを大量に積めば速攻やMロマとも戦える。Bロマに弱いのはコントロールの宿命か。

ハイドロ
初手がほとんど事故らない。
地雷や速攻も含め、ほとんどのデッキに安定して勝てる。コントロールなのにBロマに勝てる珍しいデッキでもある。
弱点はフィニッシュ力不足。何度も除去られたり、ダイヤモンド系が引けなかったりすると終盤苦しい。

除去コン
ボルコン? 除去コンだよね? ボルメテが入ってたとしても、ボルメテの入った「除去コン」だよね?
…ごめん話戻す。
他のコントロールと同様、Bロマは厳しいが、速攻、Mロマに勝てるように構築すれば意外と行ける。
トリガーとシノビは多めに積んでおきたい。もちろん除去も。

黒緑速攻
Mロマの劣化にしか見えなくなってきた。

キリコリペア
冗談きつい。

【DM】新殿堂予想【考察】

禁止
聖鎧亜キング・アルカディアス
不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー

制限
母なる星域
エンペラー・キリコ

この辺は確定だと思う。


母なる星域
ライゾウ連ドラも巻き添え。

ロマネスク
星域とキリコとキングが消えればトーナメントでほとんど見なくなるはず。制限はまず無い。

ハンゾウ、アマテラス
可能性としては十分あると思うけどよくわからん。
完全にウィザーズの判断に委ねられてる感じ。

ヴィルジニア
サインと違って雰囲気がガチっぽくないからまず盲点だと思うけど、
Bロマだけ生き残るのもあれだし、制限かけるのも悪くないと思う。

Mロマノフ
同上。つか、デッキの強さ的にはBロマより厄介。
でも、ヴィルジニアとMロマが殿堂なら、HM、ハイドロ、ドルゲとかにも規制かけないと駄目ってことになるよな…。
殿堂施行後のバランスっていう考えも大事だと思うけど、それだとどこまで制限かけていいかわからんな…。

速攻系
コントロールとは強さのベクトルが違うから制限かけなくていいと思う。
最近の速攻は、昔のリーフ4みたいなカードパワーでごり押す構築とは違って、ただ軽くて早いだけだし。


あとはサイブレとかの殿堂カードを何枚か禁止にしてほしいところ。

情報封鎖に思う

情報封鎖についていろいろ書いてみました。
(デッキのコピーについては前にも書いたので省略します。)

まずは自分の立ち位置について。
情報封鎖をやってないは言い切れませんが、基本はあんまりやらない方だと思います。
理由は、地元のプレイ環境が終わってるから。
ネットでしか対戦できないような人間が情報封鎖(笑)しても寂しいだけじゃないですか。
こんな小者がやるってこと自体失笑もんですし。
30日の日記は見たらわかると思いますが、半分ネタ記事です。

さて、そんなどうでもいい話は置いといて、本題に移ります。
情報封鎖に対して皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?
中には、コピ厨コピ厨言ったり、秘密デッキがどうとか言って他を見下してる人もいるので、
“自惚れ”だとか、“傲慢”だとか、そういったネガティブなイメージを持っている方も少なくないと思います。
ですが、勘違いしてはいけません。情報封鎖というのはやってる側からするといいことばかりじゃないんです。

例えば、未来のトップメタ的なオリジナルデッキができた場合。
こういうとき、普通の人なら「誰かに見せたいけどパクられるのは嫌…」って思っちゃうもんです。
秘密にしとくのもアリなんですが、モタモタしてると他の誰かに先に公開されてしまうかもしれない。
ずっと昔から組んでいたのにコピー扱いされるってのもちょっと理不尽な話ですよね。
でも、実際に、目立ちたがり屋のなんちゃってビルダーに埋もれてるトーナメントプレイヤーは多くいます。
デッキというものは、基本、“先に発表したもん勝ち”ですから、
多少構築が悪くとも、ある程度の知名度さえあれば、デッキ作者(笑)の座はいただけるでしょう。
つまり、情報封鎖とは妥協であり、自惚れでも傲慢でもないのです。

しかし、“作者”だの、“オリジナル”だの、そんなものは公式入賞に比べたらスケールの小さな話です。
情報封鎖とは、細かいことに執着せず、ひたむきに上を目指すトーナメントプレイヤーの象徴とも言えるのではないでしょうか。
どうです? こう言われてみると、情報封鎖に対する見方も変わってきません?

「CG」

TCG関係で叩かれる対象は大体決まっています。

・シャーク、サーチの自慢
・vaultでパワーカードに×の評価を付ける
・大会での負けを引きのせいにする


そして、再録に反対するという行為も、基本的には自己中と思われる傾向があるようです。
では、それがわかっていてなぜレジェンド7と参加賞パックの批判記事を書いたか?
それは、目先の喜びだけでむやみに再録を褒めるのはあまりに考えが浅いと思ったからです。
TCGのTは、あくまでトレーディングのT。
自分としては、Tの薄れていくTCG、「CG」の行く末が不安でした。

もちろん、ここまで考えた上で再録に賛成されてらっしゃるなら何も言うことはありません。
プレイスタイルは人によって違いますから。
コレクション要素を重視する人もいれば、ゲーム性以外いらないという人もいるでしょう。
最後に、自分の立ち位置についてまとめておきます。

・ゲーム性とコレクション要素の両方を重視している。
・再録は必須だが、TCGである以上、最低限のトレーディングの要素は保たねばならない。
・優勝の証を安易にばら撒くようなことがあってはならない。


遊戯王のようなゲームを望んでいるわけではありません。
自分の理想は、ビギナーが入りやすく、且つ、最低限の「T」を保ったバランスの良いゲームです。

Home > コラム

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。